ケータイ辞書JLogosロゴ 漆沢村(近世)


新潟県>上川村

江戸期〜明治8年の村名蒲原郡のうち御神楽岳山系北部,善入山東麓はじめ会津藩領,文化8年幕府領,文政3年からは再び会津藩領村高は,文禄3年高目録帳では漆沢入として見え73石余,「元禄郷帳」73石余,「天保郷帳」198石余元和6年には御役漆木630,寛永14年には鮎役6を負担(津川旧記)文化初年頃の戸数は,本村14,端村の蝉平新田9,小名の館沢1,寺社は八剣神社(新編会津)蝉平は寛文元年,館沢は明和7年の開発である蝉平には銅山があり,宝永6年には大坂の山師久左衛門が開発を請け負っている宝暦5年には御役紙1束を上納文政3年庄中御高免相有人馬改帳では,高190石余,うち本田77石余・新田113石余,戸数25・人数107,馬11明治8年の戸数18・人口92(若松県管内地誌)同年広谷村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306925
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ