ケータイ辞書JLogosロゴ 雲洞村(近世)


新潟県>塩沢町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年長峰藩領,同5年福島正則領,同8年幕府領,寛永元年高田藩領,天和元年幕府領,文久元年からは会津藩領。村高は,「正保国絵図」890石余,「天和高帳」271石余・新田144石余,「天保郷帳」では「古者雲洞村・雲洞新田二ケ村」とあり469石余。天和3年検地では,屋敷数45。江戸中期に雲洞新田を吸収したと思われる。天保8年村明細帳によれば,家数64・人数251。神社は蔵王神社。寺院は養老年間藤原房前草創,応永27年上杉憲実再建の曹洞宗雲洞庵,同寺末桂昌軒・威音庵。ほかに修験宝教院がある。明治12年からは南魚沼郡に所属。同22年三和村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306948
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ