ケータイ辞書JLogosロゴ 越前浜村(近世)


新潟県>巻町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。元和8年角田浜村から分離独立したという(大越家文書)。はじめ長岡藩領,元禄15年幕府領,延享3年長岡藩領,寛延2年幕府領,宝暦2年長岡藩領,同10年からは幕府領。村高は,元和8年分村当時34石余(山高23石・塩浜高8石・野高3石余)で田畑の高は見られない(同前)。「元禄郷帳」34石余,「天保郷帳」362石余。元禄9年の役高285石余の記録も見られる(槙岡区有文書)。寛文6年・延宝2年の高入れが252石余ある。宝永2年の家数75・人数617,馬49。天保9年の家数138・人数836,海漁船14。角田浜同様近世初期は漁業や製塩を中心とした生活であったが,内陸低地(上堰潟)への開田が進み,半農半漁の生活となる。神社は神明社,地元ではトリノコサマという。越前から漂流してきたとき,鶏の声がここに導いてくれたことから,鶏卵をたべない風習があった。寺院は真宗大谷派西遊寺,越前朝倉家の遺児とともに当地に至ったという。明治12年からは西蒲原郡に所属。同21年の戸数198・人口1,375。同22年市制町村制施行による越前浜村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7306980
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ