ケータイ辞書JLogosロゴ 大荒戸村(近世)


新潟県>松之山町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」18石余,「天和高帳」25石余,「天保郷帳」59石余。十二神社がある。元禄2年万覚帳によれば家数9うち名子1。天明3年・天保8年飢人夫食米拝借願をしている。また,天保9年宗門改帳によれば,同年52人の死失記録がある。村はずれには大杉様と親しまれている大杉がある。天保8年松之山郷内百姓騒動の代表の集合地点に指定された場所でもある。明治12年からは東頸城郡に所属。同22年松之山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307088
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ