ケータイ辞書JLogosロゴ 大印内新田(近世)


新潟県>浦川原村

 江戸期〜明治22年の新田名。頸城【くびき】郡のうち。大瀁野谷内の新田開発により正保元年に成立。当初は印内新田といったが新開地が支配の異なる大瀁郷と山五十公郷にわたるので大瀁郷地内の当地を「大印内新田」と呼んだ。一方,山五十公郷地内の部分は「山印内新田」といった。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「天和高帳」では印内新田31石余,「天保郷帳」では「古者,印内新田」「飯室村枝郷」とあり43石余。安永9年の新田検地で新たに3石余が打ち出された。無民戸。明治9年地租改正時の反別は,田6町余・畑1町余。同12年からは東頸城郡に所属。同22年末広村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307107
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ