ケータイ辞書JLogosロゴ 大浦村(近世)


新潟県>小木町

 江戸期〜明治22年の村名。羽茂【はもち】郡のうち。幕府領。村高は,「天保郷帳」107石余。寛永19年小平権現再建棟札には殿内は大浦の西野四郎三郎,判官中使は金子権太夫,同浦中使は金子次郎右衛門などと見え,金子氏が永代中使として権勢を誇っていた。寛政7年書上では御林は竪50間・横27間,松木82本・雑木321本と見える。同12年村明細帳によれば,田4町余・畑8町余・屋敷2反余,肥料は干鰯・油粕・灰・馬屋肥,馬13,寺社は真言宗西泉寺・小平神社・日吉神社・稲荷神社。「巡村記」では,天保12年の家数14・人数86,高107石余,田4町余・畑8町余,取米24石余。明治10年池野平村を合併。同15年の戸数22・人口114,耕宅地62町余。同22年小木町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307111
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ