ケータイ辞書JLogosロゴ 大尾村(近世)


新潟県>上川村

江戸期〜明治8年の村名蒲原郡のうち阿賀野川水系常浪【とこなみ】川支流柴倉川上流旧記には大麻村・大村と記されるという(東蒲原郡史蹟誌)はじめ会津藩領,文化8年幕府領,文政3年からは再び会津藩領村高は,寛永20年保科正之拝領高206石余,「元禄郷帳」176石余,「天保郷帳」337石余元和6年には御役漆木2,221,寛永14年には鮎役70を負担(津川旧記)宝暦5年には御役紙9束を上納明和3年上条組産業書上帳には,麻・真綿・紙漉楮を取ると記される文化初年頃の戸数は,本村16,端村の黒倉10・丸淵19・倉高3,寺社は,浄土宗地蔵院,本村・丸淵・倉高にそれぞれ山神社,黒倉に天満宮がある(新編会津)文政3年庄中御高免相有人馬改帳では,高306石余,うち本田232石余・新田73石余,戸数51・人数254,馬30明治8年の戸数45・人口261(若松県管内地誌)同年七名【ななめ】村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307119
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ