ケータイ辞書JLogosロゴ 大嘉新村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。古くは角右衛門新田・大嘉新田村とも称し,大加新村とも書いた。はじめ村上藩領,享保2年高崎藩領,宝暦2年幕府領,天明2年高崎藩領,寛政12年幕府領,享和元年高崎藩領,文政2年幕府領,同5年からは高崎藩領。村高は,明暦3年検地帳(北条家文書)124石余・反別10町余(うち田120石余・9町余),「元禄郷帳」に「古ハ角右衛門新田」と肩書きされ126石余,天明2年高崎藩領一ノ木戸郡中郷村高辻帳(燕市史資料編1)・「天保郷帳」ともに126石余。享保18年反別帳(北条家文書)によれば,割地の慣行が見え,上田・中田・下田の等級ごとに分けられて一軒前1町8反余であった。安永3年高反別村方様子大概帳(燕市史資料編1)によれば,本途高126石余(反別10町余),家数14(本百姓11・名子1)・人数67,農間余業に男は縄俵,女は機織りとある。文政2年村明細帳(北条家文書)によれば,家数14・人数60。明治12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数9・人口58。同22年松長村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307127
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ