ケータイ辞書JLogosロゴ 大口新田(近世)


新潟県>守門村

江戸期〜明治13年の新田名魚沼郡のうち大口野新田ともいった(上長鳥新田検地帳)魚野川支流の破間【あぶるま】川と西川の合流点地名の由来は,浅井定右衛門が開発する以前は,細野村の北方の対岸にあるすそ野の広い大口の野であったことによるという享保5年の検地によって成立元和2年長岡藩領,同4年高田藩領,延宝9年幕府領,文久元年からは会津藩領村高は,享保5年検地,「天保郷帳」ともに33石余享保5年検地での反別は田2町余・畑8反余宝暦5年の家数5・人数21,牛馬なし鎮守は稲荷大明神農業のほか,男は材木・木呂【ころ】・薪を切って四日町河岸で商い,女は白布・小白布・縮・紬を織り養蚕を行う破間川には渡し船がある宝暦13年〜明和元年の渋川村など山方4か村を相手とした,上条21か村の山論に参加元治元年新規に生糸・絹縮などに課税する七品運上品替に反対する上条村々の議定書に当村も連判する慶応2年7月17日三国街道堀之内宿の郷元で七品運上請負人宮庄九郎の居宅,本陣宮源左衛門への打毀に当村民も参加明治5年の租税は,本途米7石余,見取米2升余,山手税米1升余,小役21銭余同7年の戸数6・人口38同12年北魚沼郡に属す同13年長鳥村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307169
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ