ケータイ辞書JLogosロゴ 大沢村(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」169石余,「天和高帳」240石余うち新田64石余,「天保郷帳」260石余。天和3年検地帳では田15町余・畑7町余。枝郷に木山沢新田がある。家数・人数は,天和3年18軒ほか寺2,寛保3年45軒・254人,宝暦5年51軒・244人,寛政元年63軒・271人。用水は佐梨川や大沢・井戸の入沢の水を引く。また,吉田堰が村の南にある。米の津出しは,郷蔵から小出島河岸場まで9町。なお,小千谷【おぢや】陣屋へは5里26町,江戸へは三国通り63里余。安政2年堀之内村の神明神社新築のため,伊勢表の御師祝部一志太夫が廻村勧進を行い,羽鳥善右衛門宅へ宿泊。鎮守は天満宮,寺院は時宗東養寺・真言宗竜徳寺。明治5年県税は本途米110石余・山手米2升,ほかに大沢・木山沢新田入会分として山手米2升。同9年の戸数62・人口385。同12年北魚沼郡に属す。同19年近隣13か村を管轄する戸長役場の所在地となる。同21年の戸数80・人口461。同22年八箇【やつか】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307247
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ