ケータイ辞書JLogosロゴ 大沢新田(近世)


新潟県>田上町

江戸期〜明治9年の新田名蒲原郡のうち新津丘陵の山間地地名は,沢地の名称によるはじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年からは幕府領元禄11年加茂組本村新田村開発并方角付帳によれば,正保4年羽生田村の枝郷として開村と伝える(新発田藩文書)村高は,「旧高旧領」19石余寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)では戸数5・人数19とあり,5軒が草分けとみられる寛政5年加茂組明細帳(古川家文書)によれば,村高5石余,田7反余・畑4反余,家数6・人数25雑木御林山2か所が設定されていた小村のため,名主は羽生田村や吉田新田・狭口【せばぐち】村など隣接村役人が兼帯した明治9年羽生田村に合併なお,昭和30年代まで農林業や羽生田川の渓流を利用した粉ひき水車を営む家があったが,次第に羽生田地区に移住し,現在は無住
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307252
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ