ケータイ辞書JLogosロゴ 大白川新田(近世)


新潟県>入広瀬村

 江戸期〜明治22年の新田名。魚沼郡のうち。元和2年三条藩領,同4年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高については,慶長17年上条村戌ノ御年貢納覚に「五斗,大白河屋敷の年貢」とあり,はじめ耕地を所持しない村であり,慶安2年には見出米3石5斗を納入したが新田検地は行われず,天和3年検地帳に初めて村高13石余が見える。「元禄郷帳」でも13石余とあり,宝暦5年新田検地高57石余を加えて71石余となり,「天保郷帳」でも71石余,嘉永3年の新田検地高3石余を加えて74石余となる(浅井家文書)。戸口は,宝永4年宗門帳では5軒・55人(宮家文書),延享3年明細帳に11軒・101人,天明9年33軒・185人,慶応4年47軒・273人(浅井家文書)。当地は会越国境の口留番所の所在地であった。天明8年には大火で20軒が類焼。鎮守は守門神社で,文政13年に鳥居を建てた(浅井勇之助見聞年記)。延享3年明細帳によれば,男は農間に船材木を切り出し,女は白布・縮を織り出す(浅井家文書)。冬には熊狩りを行い,天保4年には会津側まで出向いて熊12頭・羚羊43頭を獲った。また,会津から木地師を雇って木工細工を営む者もあった(浅井勇之助見聞年記)。延享2年カミツク滝鉛山,天保2年井戸上沢鉛山を開発,幕末にかけて数か所の鉛山が開発・採掘された(浅井家文書)。明治元年の戊辰戦争では国境警備の新政府軍数十名が駐留して見張小屋を設けた。同9年の戸数57・人口228(北魚沼郡志)。同12年北魚沼郡に属す。同22年入広瀬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307283
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ