ケータイ辞書JLogosロゴ 大曽根村(近世)


新潟県>潟東村

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ杢左衛門新田といった。はじめ幕府領,慶安2年からは村上藩領。村高は,「正保国絵図」では杢左衛門新田226石余,「元禄郷帳」では「古者杢左衛門新田」とあり大曽根村112石余,「天保郷帳」946石余。当村分郷として称名村があった。元文3年隣村下郷屋村との間に,悪水放流に端を発して起きた騒動で犠牲となった徳右衛門は,その後義民として村民の尊敬をうけた(西蒲原郡志補遺人物編)。鎮守は白山社。庄屋は大屋氏。称名には山王社,真宗大谷派行徳寺がある。明治12年からは西蒲原郡に所属。同22年潟前村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307310
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ