ケータイ辞書JLogosロゴ 大平村(近世)


新潟県>大島村

 江戸期〜明治12年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「慶長国絵図」では布施村41石余,「正保国絵図」78石余,「天和高帳」138石余・新田45石余,「天保郷帳」281石余。天和3年の検地では,反別田18町余・畑屋敷38町余・山林1町余。安永9年の新田検地高114石余であったが,山間の荒地まで竿入を行い,年貢の上納は困難だとして,寛政元年再検地願を出している。天明元年の記録では大平・上達【かみだて】・下達・岡・田麦の5か村を蔵組とする郷蔵が当村にあった。天保6年大平村ほか4か村嘆願書によれば,家数92・人数537(立教大学蔵)。鎮守は戸隠神社,のち十二社3・神明社2・道祖社・稲荷社が合祀された。寺院は曹洞宗大安寺。文久元年当村庄屋布施定六が米騒動の暴徒をなだめたという。明治5年の戸数96。同7年大平校開校。同12年からは東頸城郡に所属。同時に北大平村と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307327
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ