ケータイ辞書JLogosロゴ 大平村(近世)


新潟県>神林村

江戸期〜明治12年の村名岩船郡のうち石川上流村名は山間の平らな土地であることに由来するものか北部の大平山山麓に中世の城跡が残るはじめ村上藩領,寛永19年幕府領,正保元年村上藩領,宝永6年幕府領,寛保元年白河藩領,文政6年からは幕府領村高は,「慶長国絵図」64石余,寛永19年南桃川与免相究之帳では163石余,「元禄郷帳」101石余,「天保郷帳」132石余万治2年検地帳では高121石余,反別田8町余・畑3町余寛政3年御案内帳によれば,家数39(寺1)・人数177,馬18,本田畑の免は5ツ5分,小物成米3石余・大豆2石余・永840文余大平山は村上領七湊・志田平・上助淵・下助淵・潟端・高御堂・大塚・小出・殿岡の9か村入会山であったが,寛保元年山子村々と争いを起こし,延享4年江戸評定所の裁許により解決したこれが有名な大平山出入である寺院は曹洞宗光泉寺神社は神明・山ノ神・牛頭天王・薬師の4社明治12年南大平村と改称
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307335
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ