ケータイ辞書JLogosロゴ 大田村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治12年頃の村名。蒲原郡のうち。太田村とも書いた。文禄3年(一説に慶長年間)信州須坂から金子太郎左衛門が移住開発し,太郎左衛門新田と称したという(西蒲原郡志・西蒲原郡寺院仏閣誌)。正保2年幕府領,慶安2年村上藩領,享保2年高崎藩領,同11年幕府領,天明2年高崎藩領,寛政12年幕府領,享和元年高崎藩領,文政2年幕府領,同5年からは高崎藩領。村高は,「正保国絵図」1,320石余,「元禄郷帳」1,413石余,天明2年高崎藩領一ノ木戸郡中郷村高辻帳(燕市史資料編1)2,206石余,「天保郷帳」2,208石余。元禄14年鷰組石数人数家数帳(同前)によれば,高2,191石余(うち田167町余・畑26町余),家数149(うち百姓家99)・人数929。宝永7年〜正徳元年にかけ村上藩飛地(通称四万石領)で幕府領編入を願って越訴事件が発生,当村の三五兵衛は越訴の頭取とされ遠島の刑に処せられた。文化7年御年貢可納割付(同前)によれば,1,203石余,大豆上納永6貫317文余,漆代金納永1貫487文余,定川役永233文余,鍛冶役永83文余,室屋役永375文,紺屋役永116文余,糠藁代永5貫520文余を納めている。神社は稲荷社。明治12年頃大田村が2か村あったため東太田村と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307365
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ