ケータイ辞書JLogosロゴ 大野村(近世)


新潟県>新穂村

 江戸期〜明治22年の村名。加茂郡のうち。幕府領。村高は,元禄7年検地帳2,357石余,「天保郷帳」2,363石余。慶長5年検地帳では上杉氏蔵入地の刈高5万6,459束余うち見出7,402束,稗年貢6斗余,清水寺領の刈高1万1,198束うち見出7,798束。元禄7年検地帳では田2,152石余・1,361町余,畑124石余・14町余,屋敷80石余・7町余。当村は大組と小組に分かれていたが,文政6年村役人問題が起こり,同12年一時統合。しかし幕末に再び両組となった。寺社は,真言宗清水寺・公樹寺・報恩寺・宝泉寺・神宮寺・地蔵寺・樹林寺・来迎寺・十王堂,日蓮宗根本寺・日仁寺,客人権現・諏訪大明神など。「巡村記」では,天保12年の家数200・人数901,高2,363石余,田136町余・畑24町余,取米980石余。明治2年報恩寺に郷学校創立。明治初年の家数212,大工・屋根葺・酒造・鍛冶屋・瓦屋・紺屋・馬車引・豆腐屋・水車屋・牛馬商・麹屋・質屋・油屋・料理屋・風呂屋・芝居役者などの職業があった(新穂村史)。明治22年大野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307452
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ