ケータイ辞書JLogosロゴ 大船渡村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。大船戸村とも書いた。元和2年三条藩領,同9年幕府領,慶安2年村上藩領,享保2年高崎藩領,宝暦2年幕府領,天明2年高崎藩領,寛政12年幕府領,享和元年高崎藩領,文政2年幕府領,同5年からは高崎藩領。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳110石余,「正保国絵図」116石余,「元禄郷帳」170石余,天明2年高崎藩領一ノ木戸郡中郷村高辻帳(燕市史資料編1)214石余,「天保郷帳」215石余。検地は明暦3年。日出潟の開発に参加。享和2年拾三ケ村請新田検地帳(同前)に当村分9斗余とある。神社は朝倉社。「皇国地誌」によれば,明治9年の戸数24・人口155。同10年日出潟十三ケ村受のうち大船戸村請分を合併。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数23・人口155。同22年小中川郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307485
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ