ケータイ辞書JLogosロゴ 大湯村(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,文久元年からは会津藩領。村高は,「正保国絵図」35石余,「天和高帳」30石余,「天保郷帳」51石余。延宝9年指出帳では,家数9・人数49,馬2・牛5。天和3年検地帳では田1町8反余・畑2町1反余。用水は小田の沢・御蔵の沢・狐田の沢・かに田の沢の水を引く。上杉氏時代から大湯温泉が開かれ,銀山街道往還の入浴客は湯銭3文を出した。湯守は当村庄屋和泉屋利兵衛が勤めた。湯小屋・湯口の樋木の普請では,人足50人と村持ち山の木が用いられた。明暦元年大湯薬師堂が豪雪で倒壊,翌年郡奉行以下の出張のもと再興される。宝暦5年の家数12・人数83,馬5(村々様子大概書)。慶応4年庄屋桜井利兵衛は会津藩小出島陣屋の郷兵に任命され,組頭は村兵として徴集されて小出島戦に従軍した。明治6年の県税は本途米16石余・見取米4斗・山手税米3斗・野手税米4升2合,温泉税50銭,川税3銭5厘,小役19銭2厘。同9年の戸数20・人口118。同12年北魚沼郡に属す。同21年の戸数20・人口125。同22年湯之谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307545
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ