ケータイ辞書JLogosロゴ 小木村(近世)


新潟県>小木町

 江戸期〜明治22年の村名。羽茂郡のうち。幕府領。村高は,「天保郷帳」307石余。当村は元小木・上野・琴浦(小藤田)・虫屋の4組からなる。近世初期に小木町が成立すると,元小木から人家が多く移転した。「巡村記」では,天保12年の家数92・人数530,高307石余,田5町余・畑30町余,取米61石余。寺社は,禅宗海潮寺,大竜子権現・大綿津欠神社・諏訪神社・弁天など。明治10年上野組は小木町の一部となり,琴浦村を分村。同15年の戸数45・人口258。同22年岬村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307635
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ