ケータイ辞書JLogosロゴ 小木町(近代)


新潟県>小木町

 明治22年〜現在の小木町の町名。明治37年大火。復興が図られ同42年電話架設。大正8年電灯がつく。明治19年以後,相川〜両津間の県道開発。小木〜新潟間の航路は,小木―大石―赤泊―多田―松ケ崎―新潟を結んで前佐渡汽船として就航。大正13年の乗客数は786人。明治から大正にかけて漁業は衰退し,昭和6年総戸数の3分の1にあたる200戸はザルの製作に従事。同7年には小木港の近代化のため90mの桟橋を外の澗に築造。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307676
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ