ケータイ辞書JLogosロゴ 押手村(近世)


新潟県>上川村

 江戸期〜明治8年の村名。蒲原郡のうち。はじめ会津藩領,文化8年幕府領,文政3年からは再び会津藩領。村高は,文禄3年高目録帳では押出と見え425石余,寛永20年保科正之拝領高169石余,「元禄郷帳」130石余,「天保郷帳」206石余。元和6年には御役漆木1,601,寛永14年には鮎役47を負担(津川旧記)。宝暦5年には御役紙2束を上納。文化初年頃の戸数は,本村24,端村の滝頭新田5・黒谷沢新田3,寺社は白鬚神社,浄土宗聖徳寺がある(新編会津)。文政3年庄中御高免相有人馬改帳では,高205石余,うち本田145石余・新田59石余,戸数32・人数160,馬17。明治8年の戸数20・人口126(若松県管内地誌)。同年七名【ななめ】村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307742
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ