ケータイ辞書JLogosロゴ 折立又新田(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の新田名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保3年糸魚川【いといがわ】藩領,天保4年からは幕府領。村高は,「天和高帳」5石余,「天保郷帳」17石余,嘉永4年新古高帳20石余(穴沢家文書)。郷帳類では折立村の枝郷と注記される。天和3年検地までの名請人は清右衛門のみで,子孫に当村庄屋長右衛門がいる。寛延元年の家数4。同3年年貢減免を求めて江戸に直訴した魚沼郡23か村の連判に加わる。宝暦7年折立村の農民70人が,当村の家作用立木・雑木数100本を切り荒し,庄屋長右衛門と茂作は折立村村役人を相手どり,奉行所に訴訟に及び,同9年当村が勝訴となった。文政13年庄屋清右衛門は,小出島市立ちに反対する湯之谷入り7か村の議定書に連判する。また,弘化3年には農事出精・倹約・防火・悪党浪人警備についての7か村の議定に連判した。鎮守は十二神社,ほかに大平山に爪彫りの十六羅漢と称する岩壁がある。明治6年県税は本途米4石7斗余,川税3銭5厘,小役3銭8厘。同12年北魚沼郡に属す。同21年の戸数5・人口41。同22年湯之谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307880
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ