ケータイ辞書JLogosロゴ 角田浜村(近世)


新潟県>巻町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。元和2年長岡藩領,元禄15年幕府領,延享3年長岡藩領,寛延2年幕府領,宝暦2年長岡藩領,同10年からは幕府領。慶安2年以前の村高38石余は山高・塩浜高・野高のみで田畑は見られない。慶安2年検地で97石余を打ち出した。ただし,「元禄郷帳」では38石余,「天保郷帳」282石余。元和8年越前浜村を分村。当村は角田山すその砂丘に沿って位置し,開村以来漁業,塩浜稼ぎを中心としていたが,その後内陸部の田畑の開発が続き,天保年間には農業が産業基盤となっていた。反面,石高に比べて戸口が多く,正徳3年72戸・673人,天保9年141戸・1,046人。これは,漁業・塩浜稼ぎ従事者の多かったことを物語っている。しかし,漁業・農業の不作時は出稼ぎに出る者も多かった。神社は熊野社。寺院は浄土真宗本願寺派願正寺・日蓮宗妙光寺。明治4年職業人員調査では男子農業277・漁業19・工業170,女子農業348・漁業31・工業41。同12年からは西蒲原郡に所属。同17年学校を建設。同22年市制町村制施行による角田浜村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7307956
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ