ケータイ辞書JLogosロゴ 潟町新田(近世)


新潟県>大潟町

 江戸期〜明治22年の新田名。頸城【くびき】郡のうち。万治3年北国街道の宿駅として成立した新田村。明治期になってからは潟町村と称した。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,文化6年からは高田藩領。村高は,「正保国絵図」では潟町村11石余,「天和高帳」148石余・新田343石余,「天保郷帳」529石余。黒井〜柿崎両宿間4里程は街道が砂浜中にあり,交通の難所であったため,万治3年東方20町ほどにあった大平新田(字坂の下付近か)から移り住んで宿場役を勤めるようになったという。また,一説には,当地方の大肝煎国田村八木家開発の大平新田のうち高360石余を出百姓44人に与え,宿役を勤めさせたともいう(八木家文書)。古高は大平新田88石余・とす池新田33石余。寛文元年〜延宝6年に大潟新田343石余が開発された(大瀁郷新田開発史)。大瀁・中谷内・大潟四度御竿入高帳(頸城村大島家文書)によれば,天和2年の反別田7町余・畑8町余・塩田6畝余・野2町,家数80・人数405,馬46,村高のうち444石余が宿役御免高となっている。幕府領の時期,当地に代官所・出張陣屋が置かれた。潟町宿の問屋は初代が八木儀右衛門で庄屋を兼帯,幕末には長沢利左衛門が勤めた。本陣は庄屋田中家があてられた。参勤交代・佐渡産金輸送などは助郷がないため,郡中余荷【よない】で行われた。文化7年村明細帳によれば,家数151・人数780。神社は諏訪・神明・稲荷の3社。寺院は真宗大谷派西念寺。幕末,田中謙吾が数学測量術,杉田玄作が医術で活躍。明治6年馬正面小学校付属潟町分校が開校,同13年独立。明治12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数216・人口1,191。同22年潟町村潟町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308123
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ