ケータイ辞書JLogosロゴ 上新井村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。江戸前期は上新井村・樽之沢村・名ケ山村・中平村・鉢村の5か村の総称。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,「正保国絵図」では上新井村は見えず,樽ケ沢村24石余・明ケ山村23石余・中之平村7石余・鉢村44石余,「天和高帳」では上新井村264石余,「元禄郷帳」では上新井村121石余(枝村を含まず),「天保郷帳」では「古者上新井村・中平村・樽之沢村・鉢村・名ケ山村五ケ村」とあり374石余。天和3年検地では,反別田14町余・畑屋敷18町余,うち本村上新井分田6町余・畑屋敷8町余。枝村各村はもと信濃川中州にあったが,相次ぐ水害のため山間(現十日町市)に逃れたといわれる。元禄7年改村鑑では,本村・枝村合わせて家数54・人数400,馬34,ほかに渡守家数2・人数12が書き上げられている。江戸中期に枝村4か村は本村上新井村に吸収されたと思われ,郷帳類では上新井村1村として扱われるようになる。宝暦11年村明細帳によれば,家数158(年番庄屋3・組頭1・長百姓6・百姓142・名子6)・人数748,馬2,ほかに渡守の家数5・人数30。神社は諏訪社。明治12年からは中魚沼郡に所属。同15年もと枝村4か村が分離独立して真田村(現十日町市)となる。同22年千手町村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308290
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ