ケータイ辞書JLogosロゴ 上折立村(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。寛保3年折立村から湯中居・栃尾俣が分かれ,上折立・下折立の2か村に分村して成立。なお,天保4年下折立村が幕府領に編入されるまでは,ともに折立村と通称されていたという。幕府領。村高は,寛保3年56石余,「天保郷帳」折立村194石余のうち,嘉永4年新古高帳81石余(穴沢家文書)。寛保3年には,田3町8反余・畑4町4反余,家数18・人数86。寛政元年の家数22・人数126。鎮守は十二神社,ほかに栃尾俣に薬師堂がある。鱒漁場として銀山の浪拝・鮠止滝・大津又一円があげられる。栃尾俣には温泉があり,宝暦年間頃には家数7,春から秋に旅宿の小屋が設けられた。また,番所も設置され,入湯者から運上金も徴収された。明治5年県税は,本途米33石6斗余・山手税米2斗,温泉税50銭・川税4銭8厘・受売酒屋税50銭・小役37銭3厘。同9年の戸数22・人口132。同12年北魚沼郡に属す。同21年の戸数25・人口163。同22年湯之谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308347
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ