ケータイ辞書JLogosロゴ 上高町村(近世)


新潟県>刈羽村

 江戸期〜明治22年の村名。刈羽郡のうち。元和2年から旗本安西氏知行。土田家が代官として同氏知行地を管理。寛永2年知行目録(西川雄三蔵)によれば,知行高848石余,うち360石余が上高町村。村高は,「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに513石余。正徳3年別山川の水を箱樋で1か月に8日ずつ40石の田に引く取決めを曽地・曽地新田・花田の各村と取り交わしている。寺院は真言宗西福寺。明治9年大沼村を合併。同11年上高町下高町組合立小学校を西福寺に開校。同22年刈羽村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308454
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ