ケータイ辞書JLogosロゴ 上新穂村(近世)


新潟県>新穂村

 江戸期〜明治22年の村名。加茂郡のうち。正徳4年新穂村が上・下に分かれて成立したというが,郷帳では新穂村1か村として記される。幕府領。村高は,寛政12年1,236石余。元禄7年検地帳では田64町余・畑10町余・屋敷3町余,合計78町余。寛政12年の田1,070石余・63町余,畑132石余・14町余,新田33石余・10町余,見取9町余,口米・口銀・高掛三役のほか山役・漆木役・油役・砥石運上が課され,御林1・百姓持林39・秣場3・廟所1,用水は新穂川・大野川から取水,家数125・人数433,牛33,寺社は天台宗新延寺,真言宗の宝性院・三諦坊・金剛院,山王権現・二宮社,山伏5(新穂村史)。「巡村記」では,天保12年の家数108・人数420,高1,236石余,田64町余・畑24町余,取米473石余。明治15年の戸数130・人口449。同22年新穂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308498
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ