ケータイ辞書JLogosロゴ 亀脇村(近世)


新潟県>羽茂町

 江戸期〜明治22年の村名。羽茂【はもち】郡のうち。幕府領。村高は,「天保郷帳」75石余。元禄7年検地帳では田5町余・畑4町余(亀脇区有文書)。元禄年間には浦目付番所があった。江戸初期には塩焼きが盛んであったが,能登や瀬戸内の塩が流入すると衰退し,漁業と農業が生業となった。「巡村記」では,天保12年の家数13・人数85,高75石余,田5町余・畑7町余,取米22石余,大平権現・薬師堂がある。明治22年亀ノ背村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308622
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ