ケータイ辞書JLogosロゴ 鴨ケ池(近世)


新潟県>栄町

江戸期〜明治22年の村名蒲原郡のうちたんに鴨池村とも書く(元禄郷帳・天保郷帳)信濃川水系大面川上流域地名の由来は,鴨が生息する池があったことによるが,開発されてその面影はない矢田村名主の手で開発が進められたためか,矢田との交流が深いはじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年幕府領,同2年からは再び新発田藩領村高は,「正保国絵図」「元禄郷帳」ともに60石余,「天保郷帳」64石余明和2年大面組郷帳によれば,家数5(本家1・名子3・間脇1),人数55水利が悪く,文政6年吉野屋村に請うて同村旭山の谷間に用水溜(鴨ケ池堤)を築造した(大坂家文書)名主は矢田村名主の兼帯明治12年南蒲原郡に所属同21年の戸数5・人口41同22年以後は大潟村の通称名に鴨ケ池が見えるが,鴨ケ池は大正11年に吉野屋に編入
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308638
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ