ケータイ辞書JLogosロゴ 鴨島村(近世)


新潟県>上越市

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年幕府領,貞享2年からは再び高田藩領。村高は,「正保国絵図」165石余,「天和高帳」288石余・請野新田27石余,「天保郷帳」343石余。慶長19年松平忠輝が高田城築城の際,鴨島の集落が城地にあたったため関川右岸の現在地に村を移した。上稲田の南に隣接し,ひるこ街道に沿っていた。大道用水が村内を縦断し,子安用水も通っている。神社は諏訪社。寺院は浄土真宗本願寺派願宗寺。明治初年鴨島新田・鴨島請野新田を吸収したと思われるが,不詳。明治12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数76・人口363。同22年新道村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308645
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ