ケータイ辞書JLogosロゴ 木落村(近世)


新潟県>川西町

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年幕府領,同4年高田藩領,天和元年幕府領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,「正保国絵図」13石余,「天和高帳」108石余・新田34石余・畑新田72石余,「天保郷帳」では「古者木落村・木落畑新田二ケ村」とあり310石余。信濃川を船越えする三国街道脇往還の要衝。信濃川洪水のため耕地の流失が相次ぎ,新開・復旧を繰り返してきた。慶安3年検地では,高14石余・反別田1町余・名請人4。江戸初期に新田開発が進み,寛文4年には新田内に畑新田が開発された。天和3年検地では,本村・新田合わせて反別田14町余・畑屋敷16町余・柴山8町余。信濃川沿いに信州から移住してきた一族があり,その由縁の安源寺伝承があるが,その地名は検地帳に見えない。元禄7年改村鑑によれば,本村・新田・畑新田合わせて家数22(庄屋1・本家17・水呑4)・人数141,馬16。ほかに,渡守の家数2・人数17が書き上げられている。江戸中期に木落畑新田を吸収したと思われる。寛保2年村明細帳によれば,家数44・人数269,馬12,ほかに渡し守の家数5・人数32,馬渡船1・渡船1。神社は三島権現。「白川風土記」によれば,三領・小根岸村を経た地先の飛地に弁財天社を村中で祀るとある。文化年間に医師田口藤内が私塾永照堂を開設。明治12年からは中魚沼郡に所属。同17年仁田小学校木落分校が開校。同22年橘村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7308881
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ