ケータイ辞書JLogosロゴ 久保村(近世)


新潟県>安田町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ村上藩領,寛永16年安田(村上)藩領,宝永7年幕府領,文久元年から会津藩領。村高は,「正保国絵図」240石余,「元禄郷帳」308石余,「天保郷帳」422石余。享保14年村鑑によれば,高413石余うち本田337石余,反別は田19町余・畑29町余,家数55・人数351,馬4,ほかに身売男女51,寺社は八幡・神明・十二神,薬師。当村は山方と砂地のため,地内に沢田新村新田との立会溜池を築いて灌漑,また百姓用水林1。幕末期には年貢米を久保村の郷蔵に納め,新保村の川岸から新潟まで阿賀野川を川下げした。明治12年北蒲原郡に所属。同21年の戸数64。同22年赤坂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309185
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ