ケータイ辞書JLogosロゴ 熊川村(近世)


新潟県>板倉町

 江戸期〜明治22年の村名。頸城【くびき】郡のうち。はじめ高田藩領,天和元年からは幕府領。村高は,延宝7年越州四郡高帳347石余,「天和高帳」315石余,「天保郷帳」320石余(熊川新田分を含む)。天和3年検地帳(田中家文書)によれば,反別は田20町余・畑6町余。正徳5年釜塚村明細帳(釜塚区有文書)によれば,当村に郷蔵が置かれており,近隣10か村の年貢米が収蔵されていた。寛延4年村明細帳(田中家文書)によれば,家数47・人数194。地内を大熊川と小熊川が流れており,両川のたび重なる普請に苦労している。また,大熊川の土堤や川原地帯に地割の慣行があった。神社は八幡社・諏訪社・若一王子社。寺院は真宗大谷派西源寺。明治12年からは中頸城郡に所属。同21年の戸数47・人口280。同22年箕冠村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309213
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ