ケータイ辞書JLogosロゴ 小池村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。斎藤竜興の一族斎藤五郎兵衛が慶長元年に越前から当村に入り,信州から移住した阿部治兵衛,越中から移住した佐藤惣右衛門らとともに開発したと伝える(小池村勢要覧)。元和2年三条藩領,同9年幕府領,慶安2年村上藩領,宝永6年幕府領,同7年高田藩領,寛保2年白河藩領,文政6年からは桑名藩領。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳112石余,「正保国絵図」495石余,「元禄郷帳」1,000石余,享保11年幕領村高帳(燕市史資料編1)1,163石余,「天保郷帳」1,192石余。「白川風土記」によれば,家数157。神社は,諏訪社・神明社・稲荷社。寺院は真宗大谷派浄宮寺。「皇国地誌」によれば,田81町余・畑18町余・宅地4町余,作付けは中稲・晩稲が半々程度で,早稲はわずかといい,畑では麦・豆・木綿・麻苧・蔬菜が栽培される。明治9年の戸数185・人口963。江戸末期から千石・千歯扱・唐箕が農間余業として製造され,明治中期からは家内工業となった。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数178・人口1,041。同22年小池村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309454
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ