ケータイ辞書JLogosロゴ 小池村(近代)


新潟県>燕市

 明治22年〜昭和29年の西蒲原郡の自治体名。八王寺村・道金村・杉柳村・杉名村・柳山村・小池村が合併して成立。旧村名を継承した6大字を編成。役場を杉柳に置く。明治34年大関村を合併し4大字を加える。同年の戸数602・人口3,849。人口は,大正4年3,497,昭和5年3,642。同29年の世帯数787・人口4,814。農機具生産は大正末期から専業化が進み,昭和初期には人力脱穀機,やがて動力脱穀機に移行。昭和25〜30年にかけて本県が全国生産の50%を占めたが,その半分以上が当村で製造された。昭和29年燕市の一部となり,当村の10大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309455
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ