ケータイ辞書JLogosロゴ 後藤新田(近世)


新潟県>田上町

江戸期〜明治8年の新田名蒲原郡のうち新津丘陵の西,才歩川が信濃川に合流する付近元禄11年加茂組本村新田村開発并方角付帳によれば,寛永元年田上村地内を開発して立村と伝える(新発田藩文書)新発田藩領村高は,明暦3年山通島通新田石高帳57石余,寛文4年新田高付帳92石余,「元禄郷帳」72石余,「天保郷帳」122石余寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)での戸数15・人数103延享元年田上三ケ村郷帳によれば,反別は田11町余・畑5町余,家数16軒(本家9・名子家4・間脇家3),寺社は諏訪社のみ当村は田上郷耕地の排水路が集結する所で,田上村の2か村樋のほか,田上村・塚野新田・吉田新田・原ケ崎新田・羽生田村・横場新田・曽根新田・保明新田9か村樋組の水門があった元禄2年潟納御役金銀目録によれば,魚網役として銀2匁を上納している(新発田藩文書)名主は,はじめ田上村名主の兼帯,元禄年間頃から理右衛門家,寛政元年から塚野新田とともに坂井与次兵衛家明治8年田上村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309759
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ