ケータイ辞書JLogosロゴ 小泊村(近世)


新潟県>羽茂町

 江戸期〜明治22年の村名。羽茂【はもち】郡のうち。幕府領。村高は,「天保郷帳」763石余。元禄7年検地帳では田31町余・畑30町余(小泊区有文書)。当村の飛地として下川茂村の小泊新谷があり,塩木伐採により開かれたと伝える。慶長年間の相川陣屋普請に当村の石工が活躍し(川上家文書),石臼・石仏・五輪塔・水鉢などの石工が多かった。承応元年には石臼の島外移出を嘆願した(佐渡国略記)。文化14年の家数101・人数571,牛59・馬5(小泊区有文書)。「巡村記」では,天保12年の家数102・人数513,高757,田32町余・畑37町余,取米225石余,寺社は真言宗観音寺・如意輪寺,白山権現,観音堂。明治3年の戸数102うち石工22(小泊区有文書)。同9年西三川校付属小泊校が如意輪寺に創立,同10年小泊小学校となり,同13年堂ノ上平に校舎新築,同19年村山・椿尾両校を付属とし,小比叡村に分教場設置。同22年亀ノ背村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309761
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ