ケータイ辞書JLogosロゴ 小中川村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。枝郷に勘新村があり,寛文9年検地をうけのち分村。元和2年三条藩領,同9年幕府領,慶安2年村上藩領,宝永6年幕府領,享保2年からは村上藩領。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳300石余,「正保国絵図」342石余,享保13年村上藩領村々高辻帳(燕市史資料編1)788石余,「天保郷帳」798石余。宝暦6年村々高反別之覚(同前)によれば,高792石余(うち田56町余・畑16町余),家数76・人数379,馬4,漆木121本。天保10年御巡村御道筋五ケ組御案内帳によれば,家数83・人数434。郷蔵があった。日出潟の開発に参加,享和2年拾三ケ村請新田検地帳(同前)に2石余(3反余)を高請とある。神社は大平権現社。寺院は,真宗大谷派福泉寺・正定寺(享保14年上児木村へ移転),曹洞宗宝泉寺。明治10年日出潟十三ケ村受のうち小中川村請分を合併。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数76・人口444。同22年小中川郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309764
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ