ケータイ辞書JLogosロゴ 坂田村(近世)


新潟県>田上町

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。はじめ新発田【しばた】藩領,寛永13年新発田藩分家の旗本溝口宣秋(切梅陣屋)・同宣俊(池之端陣屋)・同宣知(二ツ堂陣屋)の相給,正保2年3分家知行地の再編が行われて新発田藩領,旗本溝口宣秋,同宣知の相給,元禄7年旗本知行分は収公されて幕府と新発田藩の相給となる。このうち幕府領分は坂田村古料とも呼ばれ,高12石余,本百姓2軒・名子百姓3軒からなったが,宝永8年高田藩領となり,寛保2年からは再び幕府領となる。また,新発田藩領分も寛政元年から幕府領となり,以後全域が幕府領として明治維新に至る。村高は,慶長3年頃の御領内高付帳157石余,同10年給知方村々高目録272石余,寛永13年御知行草高之御帳594石,「元禄郷帳」435石余,「天保郷帳」455石余,「旧高旧領」では440石のほか坂田村之内として12石余とある。寛文7年御領内見分之書付(貴船家文書)では戸数22・人口150。寛政5年加茂組明細帳(古川家文書)によれば,戸数43・人口215,田28町余・畑5町余,寺はなく,宮は八幡宮・日光社・諏訪宮2社・十二神社。元禄年間頃に川坂田に郷蔵が置かれ,新発田藩加茂組の年貢米や村松藩新潟川下げ米がここから信濃川船道で沼垂蔵や新潟に送られた(永代覚書帳)。文政元年美濃出身の喜六が瓦製造を始め,陣ケ峰瓦の名で発展した(田上村年誌)。明治12年南蒲原郡に所属。同21年の戸数43・人口253。同22年羽生田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7309996
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ