ケータイ辞書JLogosロゴ 桜町村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。富永村の枝郷でのち分村。桜町新田村とも称した。はじめ与板藩領,元禄15年幕府領,天保10年からは与板藩領。村高は,「元禄郷帳」に「富永村枝郷」と肩書きされ桜町新田村として339石余,明和2年幕領石瀬郡中村々高辻(県史資料編8)359石余,「天保郷帳」に「古者桜町新田村」と肩書きされ富永村枝郷として362石余。大通川沿いにあり,土壌は水稲に適するが,多くは掘揚田であり農作業には不便であった。寛文11年検地帳によれば,高296石余,反別25町,下田が田の98%を占め,畑は下畑5町余,百姓数16。神社は諏訪八幡社。寺院は真宗大谷派光得寺。「皇国地誌」によれば,明治9年の戸数31・人口180。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数35・人口205。同22年太花野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310041
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ