ケータイ辞書JLogosロゴ 三王淵村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の村名。蒲原郡のうち。田野三右衛門によって開発され,三右衛門新田と称していた(小中川村誌)。その後三王淵三右衛門新田・三王淵新田村とも称した。はじめ幕府領,慶安2年からは村上藩領。村高は,「正保国絵図」130石余,「元禄郷帳」に「古ハ三王淵新田村」と肩書きされ257石余,享保13年村上藩領村々高辻帳(燕市史資料編1)514石余,「天保郷帳」517石余。寛永16年年貢割付状(同前)によれば,田畑屋敷高100石,この取3ツ3分19石余,新田見取18石余。明暦3年検地帳(田野家文書)によれば,本田222石余(19町余)・本畑47石余(9町余)・屋敷24石余(3町余)・見取新田162石余(13町余)・新田1石余(1反余),百姓32(うち屋敷持28),五左衛門・市右衛門・三右衛門の3人で耕地の96%を占め,ほかはすべて4石以下となっている。正徳2年諸色書上之帳(燕市史資料編1)によれば,家数42(うち水呑19)・人数270,馬5,神社は,山王権現社・諏訪大明神社・神明社。享和2年拾三ケ村請新田検地帳(同前)によれば,日出潟の開発に参加,3石余(4反余)を高請。明治10年日出潟十三ケ村受のうち三王淵村請分を合併。同12年西蒲原郡に所属。同21年の戸数52・人口312。同22年三方崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310283
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ