ケータイ辞書JLogosロゴ 渋川村(近世)


新潟県>守門村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。元和2年長岡藩領,同4年高田藩領,延宝9年幕府領,文久元年からは会津藩領。慶長5年魚沼一乱(上杉遺民一揆)の時,村民は会津に退転し,その後帰参したという(穴沢家先祖書附)。村高は,「正保国絵図」63石余,「天和3年検地帳」66石余,うち新田8石余,「天保郷帳」110石余。天和3年検地帳での反別は田5町余・畑2町余。延宝2年高軒指出帳では家数11。農業のほか,男は材木を切って破間川に流送し,鼻不嚙【はなかまず】舟(丸木舟)を造立して商い,女は縮・白布・紬を織り出し,養蚕を行う。また,山里漆木があり,蝋実穂は領主の買上げとなる。破間川には渡船がある。天保9年村指出明細帳では,家数62・人数180,馬5。鎮守は守門大明神,ほかに阿弥陀堂がある。ともに免除地。宝暦13年糸魚川【いといがわ】藩領須原村など上条21か村は,幕府領の当村など山方4か村を相手として山論を起こし,明和元年幕府の命により和談が成立したが,この結果は幕府領の山方4か村の主張が大幅に採用され,里方糸魚川領村々の山稼ぎは,ほとんど不可能になった。天保2年渋川山の鉛込銀山の開掘が行われたが,小規模であった。嘉永6年には茂沢銀山が開掘され,間歩を稼行したが,採算がとれず中止した。元治元年新規に生糸・絹織物に課税する七品運上品替に反対する上条26か村の取極に連判。慶応2年7月18日夜三国街道堀之内宿の七品運上請負人で郷元の宮庄九郎の家と本陣が打ちこわされたが,この騒動には当村民も参加したという。明治5年の租税は,本途米35石余,見取米9升余,山手税米1升余,野手税米2升余,川税3銭余,山税3銭余,小役46銭余。同21年の戸数84・人口483。同22年上条村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310457
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ