ケータイ辞書JLogosロゴ 島瀬新田(近世)


新潟県>安田町

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。はじめ新発田【しばた】藩領,寛政元年幕府領,文久元年から会津藩領。村高は,寛政12年水原郡中村高帳7石余,「天保郷帳」では村名が見えず野田新田に含めて記され,「旧高旧領」80石余。はじめ岡方方面への用水は当村に取水口のある島瀬江から配水されていたが,享保15年松ケ崎堀割が開削されると渡場村に取水口のある新江用水から配水されるようになった(豊栄市史資料7)。当村庄屋は大木原新田の庄屋を兼帯。明治10年大木原新田を合併。同12年北蒲原郡に所属。同21年の戸数37。同22年小浮村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310485
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ