ケータイ辞書JLogosロゴ 下折立村(近世)


新潟県>湯之谷村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。寛保3年折立村が上折立・下折立の2か村に分村して成立。なお,幕府領に編入されるまでは折立村と通称されていたという。はじめ糸魚川藩領,天保4年からは幕府領。村高は,寛保3年109石余,「天保郷帳」では折立村194石余のうち,嘉永4年新古高帳117石余(穴沢家文書)。寛保3年指出帳では,家数43うち中村14,人数221,鎮守は諏訪神社,鱒漁場は袖沢・高瀬・大津岐・鷹の巣白沢・大滝,川役永92文,会津藩へ93文上納,羚羊の狩猟場があり,助郷は堀之内宿,銀山一帯では黄蓮(薬草)・ゼンマイ・舞茸が採れる。寛延3年年貢減免を要求して江戸に直訴に及ぶ魚沼郡23か村・764人の連判に当村から20人が加わる(同前)。明治5年県税は本途米66石4斗7升余・見取米5升,山手税米4升,川税9銭余・鉛山問掘6円・小役71銭余。同8年中家校付属折立校を民家に開く。同9年の戸数57・人口251。同12年北魚沼郡に属す。同13年湯之谷校を屋敷添に新築,同20年同校舎を撤去して民家で教授する。同22年湯之谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310583
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ