ケータイ辞書JLogosロゴ 下長鳥新田(近世)


新潟県>守門村

江戸期〜明治13年の新田名魚沼郡のうち下長取新田とも書いた(元禄郷帳・天保郷帳)魚野川支流の破間【あぶるま】川と西川の合流点承応年間頃の史料には長鳥新田一村と見えるが,寛文年間頃には上長鳥新田と下長鳥新田に分かれている長鳥の地名の由来は,上杉家の五十騎衆穴沢又八長興の旧領刈羽郡北条付近の長鳥からその被官であった者などが帰参して当地を開墾したことにちなむという「元禄郷帳」「天保郷帳」では西名村枝郷と注記されている元和2年長岡藩領,同4年高田藩領,延宝9年幕府領,文久元年からは会津藩領村高は,延宝元年内検地帳105石余,「天和高帳」81石余,「天保郷帳」143石余延宝元年内検地帳では家数21天和3年検地帳での反別9町余,うち田6町余・畑9石余享保14年の家数32・人数156鎮守は守門大明神,ほかに雷神・石動神・稲荷神・十二神の4社を祀るまた,岩穴に馬頭観音を祀る穴観音がある農業のほか,男は材木・木爐【ころ】を切り,鼻不嚙【はなかまず】舟を造り,四日町河岸にて商い,女は白布・小白布・縮・続布・紬を織り養蚕を行うまた,山漆木があり山蝋実は領主の買上げとなる安政年間頃の家数58・人数270,馬2郷蔵があり,当新田・大口新田・宮椿新田・西名村・西名新田5か村の年貢米を収納する承応2年三又新田と山論が起きる宝暦13年上条25か村の山論に加わる元治元年新規に生糸・絹織物に課税する七品運上品替に反対する上条村々の議定書に当村も連判する慶応2年7月の堀之内宿の郷元の運上請負人と本陣の打毀にも参加明治5年の租税は本途米45石余,見取米2石余,山手税8升余,小役53銭余同6年の戸数62・人口285同12年北魚沼郡に属す同13年長鳥村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7310766
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ