ケータイ辞書JLogosロゴ 白通新田(近世)


新潟県>聖籠町

江戸期〜明治9年の新田名蒲原郡のうち新発田【しばた】川沿いの平野部元禄12年新田開発年限届出帳(新発田市立図書館蔵)には明暦元年の開村とあり,同年の聖籠新川開削にともなう開発と考えられるなお,「元禄郷帳」「天保郷帳」には富塚村枝郷と注記されている新発田【しばた】藩領村高は,「元禄郷帳」76石余,「天保郷帳」99石余延享元年石高并諸品改帳(斎藤家文書)によると,1人当たり所有石高は7斗7升江戸後期には東高畑新田・西高畑新田・白通新田を合わせて三ケ新田と総称することがあり,文化2年「名主組頭名」には新発田組三ケ新田名主弥右衛門,安政6年郷村帳には三ケ新田庄屋格名主(水島)延平などと見え,三ケ新田として名主が置かれることもあった明治2年家人高目録(斎藤家文書)によれば,家数15(本家5・名子10),人数73同9年三賀新田の一部となる現在の聖籠町三賀のうち本三賀と通称される地にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311005
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ