ケータイ辞書JLogosロゴ 須原村(近世)


新潟県>守門村

 江戸期〜明治22年の村名。魚沼郡のうち。「正保国絵図」には上条村と見え,「元禄郷帳」では「古は上条村」と注記されている。元和2年長岡藩領,同4年高田藩領,延宝9年幕府領,寛保3年からは糸魚川【いといがわ】藩領。村高は,「正保国絵図」270石余,延宝2年指出帳(穴沢家文書)では須原村403石余・須原新田115石余,天和3年検地帳722石余(田634石余・畑82石余・色高5石余),「天保郷帳」781石余。延宝2年指出帳での家数は,須原村81・須原新田31。天和3年検地帳によれば,本田554石余・48町余,新田167石余・15町余。享保14年の家数139・人数701。鎮守は守門大明神,ほかに十二神社・天神社がある。寺院は円明寺,普門院があり,ほかに観音堂・十王堂がある。農業のほか,男は材木・木呂【ころ】・鼻かまず舟(丸木舟)を仕出して四日町河岸で商い,女は白布・小白布・縮・続布・紬を織り養蚕を行う。また,山漆木・里漆木があり,山蝋実・里蝋穂は領主が買上げとなる。破間川には渡舟がある。川鱒漁も行われた。当村は広瀬郷の須原平にある里方の有力な大村であったが,山野が不足のため,近隣諸村としばしば山論・野論をひきおこした。元治元年新規に生糸・絹織物に課税する七品運上替反対の運動がおこると,当村も議定書に連判する。明治5年の租税は本途米380石余,小役4円余,川税20銭余,大工税8銭余,里蝋穂税3銭余,山蝋実税36銭余。同6年須原学校開校。同12年北魚沼郡に属す。同21年の戸数236・人口1,230。同22年須原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311302
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ