ケータイ辞書JLogosロゴ 住田新村(近世)


新潟県>加治川村

江戸期〜明治20年の村名蒲原郡のうち住田新村新田ともいう(旧高旧領)見透川支流箱岩川の小扇状地はじめ村上藩領,宝永7年幕府領,享保9年からは三日市藩領「元禄郷帳」「天保郷帳」では箱岩村枝郷と注記されている村高は,「元禄郷帳」64石余,「天保郷帳」68石余村の開発は,天正15年頃伊藤喜左衛門が開田に努力し,さらに寛文2年今泉川下流の川口村より新川と呼ばれる悪水路が掘り割られた結果,箱岩川の排水が良好となり開発が進行した(加治川村誌)延宝9年頃の高反別免割家数人数帳によれば,高60石余,反別5町余,家数12・人数50伊藤家は,寺子屋教順庵を開くとともに,天保8年には八幡宮を取り巻く6つの丘に小祠を建立し,現在の鎮守七社神社を開いた明治6年住田小学校を開設明治初年の村々戸数書上帳では戸数20明治12年北蒲原郡に所属同20年住田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7311308
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ